紫外線防止剤の効果的な選び方 (SPFとPAって何?)

しわ対策には紫外線を予防することがとても重要です。しわをこれ以上増やさない、予防するには紫外線防止剤の使用が不可欠です。
数ある紫外線防止剤は何を選んだらよいか迷ってしまうことはありませんか? あなたに合った紫外線防止剤を選ぶ時のポイントがあります。

 

紫外線防止剤を選ぼうとすると、商品のパッケージにSPF25  PA++などの表示を目にすることはありませんか?

これは紫外線をカットする効果が数値や記号で示されていることを意味しています。

これって自分の状況にあった効果的な紫外線防止剤を選ぶ時、とても参考になる指標なのです。

 

逆に、それを知っていれば、「SPF○○でPA+の紫外線防止剤はありませんか?と指定して聞くこともできるのです。

 

今や紫外線防止剤のSPFPAは常識的なので誰でも知っていますが、ではその数字や+の意味する所はどうなのかというとよくわからないという方が多いのではないかと思います。
そこで再確認してみましょう

 

SPFとは

紫外線のB(UV-B)を防ぐ効果を示します。

UV-Bは肌表面に作用して、赤く炎症をおこしたりしみ、そばかすの原因にもなります。

SPFの数字は、肌に何も塗らない場合と比べてUV-Bを何分間防げるかという目安です。

炎天下で日を浴びた時、15分で赤くなる人がSPF20を用いた場合15分×20=300分で5時間の防御ができることを示します。でも何分で赤くなるかは人により分らないので、一般にSPF120分間防げるという目安になっています。

 

例えばSPF25であれば 20分×25=500分 
8時間半防ぐことができることになります。

 

 

しかし、顔を拭いたり汗で流れ落ちたりするのであくまでもその数値は目安として考えた方が良いでしょう。

SPFの数値はどの位あるかと言うと150で表され、50以上は50+と表示されます。

 

PAとは

紫外線のA(UV-A)を防ぐ効果を示しています。

UV-Aは肌の奥まで入り込み、じわじわとダメージを与えしわ、たるみの原因にもなります。

PAの表示は + ++ +++ の3段階に分かれていて+が多いほど防ぐ効果が高くなります。

 

肌に何も塗らない状態と比べて、24時間後の肌の反応を測定したもので防止効果は以下の通りです。

+普通
++かなり高い
+++非常に高い

これで紫外線防止剤の商品に書いてあるSPFPAの意味がはっきりしたと思います。

ではどのようなSPFPAを選んだらよいのでしょうか?

紫外線防止効果を考えると、SPFの数値の高いものやPA+の多いものがよいかなと思いがちですが、そうとも限りません。

一般的に効果が高くなるほど、肌への負担が大きくなるからです。

以下は日本化粧品工業連合が生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方を推奨しています。

状況によっての使い分けを参考にしてみてください。

SPF
PA
状況
1020+日常生活・買い物・散歩
2030++屋外での軽いスポーツレジャー

 3050

+++海水浴・登山・炎天下の活動

日常使いにはSPF15〜20、PA+〜++が安心と北里研究所病院の美容医学センターの佐藤英明先生は言っています。

しわ対策では化粧下地として紫外線防止剤を使うと思います。そこでちょっと疑問がわいてきました。

私は先日、化粧下地クリームを買いましたがSPF25  PA++の表示になっています。

その以前ににファンデーションを買いましたがSPF27  PA++の表示です。
夏用の化粧品にはUV仕様になっているので紫外線防止剤が入っています。これってSPFが52になってしまうのでしょうか?

同じ様な質問をある化粧品メーカーで見つけました。

Q
SPF35のサンスクリーン剤とSPF21のリキッドファンデーショ  ンをつけるとSPF56になりますか。

A
つけ方によって差が生じますので、計算通りSPF56にはなりません。しかし、日やけ止め製品は重ねて使用した方が、効果が高くなります。
特に日にやけたくない場合や、とても日差しが強い場合には、
日やけ止めにファンデーションを重ねてご使用になることをおすすめしますとありました。

これで上記の2つを使っても大丈夫だと納得できました。

あなたも紫外線防止剤を効果的に選んでしわ対策をして
しわを防いでください。

sponsored link

関連ページ

しわの元を作る紫外線の種類
紫外線は波長によって波長の長い順にA派・B派・C派などがありますがC派は波長が短くオゾン層で吸収されて地表にはほとんど届きません。
日焼け止めの効果的な使用法
すでに日焼け止めで予防している方が多いと思いますが、肌に紫外線が入ってくるのをきっちりと予防できているのでしょうか?
紫外線防止剤の成分 (皮膚の弱い方はここに注意)
しわの防止のしわ対策には紫外線防止剤はとても重要です。
曇りの日・雨の日の紫外線の量
晴れの日で太陽がギラギラ輝いている時は、紫外線の量が多いと
わかります。しわ対策として紫外線予防もしっかりと意識します。
紫外線量はいつが多いのか?
紫外線によるダメージが長く蓄積されてしわができます。 そこで紫外線が何月ごろから多くなるのか? 1日のうちでも何時ごろが多いのかが、しわ対策として気になるところです
衣類で紫外線を防ぐポイント
しわ対策として紫外線から肌を守るのにもっとも手軽なものは衣類を身につけることです。
PA++++を新設
肌のしわやしみの原因になる紫外線A波(UVA)の日焼け止め 効果の表示は最高がPA+++でしたが。
目 紫外線 驚きの関係
目から強い紫外線が入ってくると驚きの関係があったのです。