PA++++を新設

肌のしわやしみの原因になる紫外線A波(UVA)の日焼け止め
効果の表示は最高がPA+++でしたが。

日本化粧品工業連合会は、今度PA++++を新設すること
になりました。
来年2013年の1月の出荷分から適用されます。

PAができたのは、1995年ですが、同じpA+++でもブランドに
より効果にばらつきがでてきたことや、効果判定の技術が上がった
ことにより、今回こうなりました。

UVAは地表に届く紫外線の95%をしめ、浴びた直後に肌を
黒くする作用があります。

又、表皮の下にある真皮に届いてコラーゲンを壊すなどして
肌の老化をおこします。

PAは日焼け止めを塗った肌が黒くなるのに必要な紫外線の量が
塗らなかった肌の何倍かで決まります。

2倍以上4倍未満が+
4倍以上8倍未満が++
8倍以上が+++
新設の++++は16倍以上になる見込みです。

sponsored link

関連ページ

紫外線防止剤の効果的な選び方 (SPFとPAって何?)
しわ対策には紫外線を予防することがとても重要です。しわをこれ以上増やさない、予防するには紫外線防止剤の使用が不可欠です。
しわの元を作る紫外線の種類
紫外線は波長によって波長の長い順にA派・B派・C派などがありますがC派は波長が短くオゾン層で吸収されて地表にはほとんど届きません。
日焼け止めの効果的な使用法
すでに日焼け止めで予防している方が多いと思いますが、肌に紫外線が入ってくるのをきっちりと予防できているのでしょうか?
紫外線防止剤の成分 (皮膚の弱い方はここに注意)
しわの防止のしわ対策には紫外線防止剤はとても重要です。
曇りの日・雨の日の紫外線の量
晴れの日で太陽がギラギラ輝いている時は、紫外線の量が多いと
わかります。しわ対策として紫外線予防もしっかりと意識します。
紫外線量はいつが多いのか?
紫外線によるダメージが長く蓄積されてしわができます。 そこで紫外線が何月ごろから多くなるのか? 1日のうちでも何時ごろが多いのかが、しわ対策として気になるところです
衣類で紫外線を防ぐポイント
しわ対策として紫外線から肌を守るのにもっとも手軽なものは衣類を身につけることです。
目 紫外線 驚きの関係
目から強い紫外線が入ってくると驚きの関係があったのです。