しわ最新のトピックス記事一覧

待ちに待ったビーグレンの2015クリスマスビッグセールが開催されています。この時期にほしい、お悩み別の製品セットが最大22%引きで提供されています。ビッグセール期間は12月11日から12月28日まで2015クリスマスビッグセール 入口はこちらへ目元や額などにできてしまったしわ対策のディープラインケア5点セットがいつもなら26500円ですが、セールでは、16%引きの22250円(税抜き)とお買い時と...

b.glenの2015ビッグサマーセールが開催されています。2015ビッグサマーセールの内容■全製品 10%〜25%割引"シミ"と"エイジング"など、複合悩みのお手入れに……毎日使う製品は、お得なセールで4、5本まとめて……などセール期間限定の大変お得なセットを、多数ご用意しました。セットにすることで、最大25%までの大幅な割引を実現しています。エイジングケアセットなどお買い得です。■数量限定 特...

30代からの若返り手術を大公開(しみ・しわ・たるみを劇的改善する最新技術)2007年5月5日10チャンネルTVで放映されました。

しわ、たるみをとるシャンプーが話題となっています。そのシャンプーがすごく売れているらしいのです。

「アンチエイジング・若返る方法を教えます」 というタイトルでTVである方が紹介されました。

「シミ・しわ・たるみを自分で治す本」という題名の本が2007年3月に発行されました。著者は美容整形で有名な高須クリニックの先生と奥様のお二人です。いゃーーーーあ ショックでした。

資生堂が解析したところ、老けて見られる原因は、正面から見られた顔よりも、横顔と斜め顔にあることがわかりました。

「老けて見られてショック」の研究を元に資生堂は老け顔をカバーするメーク方法と化粧品を開発しました。

2007年の5月ごろだったと思いますが、TVで 世界最高齢の美容整形 (若返り)という番組を見ました。それには物語がありました。実話です。

クラシェ(旧カネボウ製薬)は肌状態とストレス及びビタミンの影響について調査を行いました。ストレスを受けやすい人は、シミ、シワが多いことが明らかになりました。

米国の南東部にあるヒルトンヘッド島は裕福層が老後をくらす温暖な土地です。そこにエステサロンのスパに医療を込み合わせた「医療スパ」が広がっています。

昨日、テレビのNHKでスペシャル番組をやっていました。ビューティーウォーズ {美肌熱が2兆円市場を生む}です。何才になっても美肌をあきらめないという方が増えています。 どうしてかというと50.60.70.才代でもきれいな方いらっしゃるからだそうです。

「何才になっても美肌をあきらめない」でも書いたように一昨年の化粧品の新商品は8300点も出ました。また化粧品製造・販売の新興メーカーも多くなってきています。

米スタンフォード大学などの研究チームが、体のいろいろな組織を老化させる司令官の役割をもったタンパク質を発見しました。

筑波大学とカネボウ化粧品の共同研究で、人の皮膚を傷つけることなくコラーゲンを画像化することに成功しました。

インターネットて゜購入したしわ取りのヒアルロン酸を、自分の顔などに自己注射する行為が広がっています。

自分の血液を使ってシワを治療するPRP療法が最近話題となってきました。

「40代からの肌あれ・シミ・しわ対策」の本の著者である吉木伸子氏が本を出しました。

同じ位の年齢の人でも若さの見え方には個人差があります。若く見える人と年とって見える人の違いは何か違うのか興味あるところです。老化の仕組み研究の白澤教授は次のようなことを言っています。若い人と年とった人とでは、皮膚の構造に違いがあります。皮ふには、表皮と真皮があり、真皮が弾力を保っています。その弾力を保っているのがエラスチンです。若い人も真皮にはエラスチンがたくさんありますが、年をとった人はエラスチ...

しわの再生医療が注目されています。現在、しわの再生医療は、細胞源として歯肉由来の繊維芽細胞を使用しています。

NHKのためしてガッテンでしわについてやっていました。しわの原因は紫外線にあるということを知らない人がけっこう多いようでした。

しわの治療と言ったら、美容成形医が一般ですね。誰もがそう思っていましたが、このところ、歯科医が顔のしわとりをするのが急増しているそうです。

「しわ取らないで」写真加工にNO! “私の真の姿を見て”女性スターの訴えにファン共鳴欧米の女性スターの間で、ファッション誌などに掲載される写真を、画像加工・編集ソフトで「加工させない」動きが広がりをみせている。最近、とくに注目されているのが映画「タイタニック」(1997年)で知られる英オスカー女優、ケイト・ウィンスレットさん(40)と、米歌手・女優のゼンデイヤさん(19)。2人の“本当の自分を知っ...