曇りの日・雨の日の紫外線の量

晴れの日で太陽がギラギラ輝いている時は、紫外線の量が多いと
わかります。しわ対策として紫外線予防もしっかりと意識します。
雨の日や曇りの日は紫外線を気にしなくてもよいと思いがちですが・・・・・

油断は禁物です。

天候による紫外線の量 

晴れた日の紫外線量を100%とすると雨の日・曇りの日・晴れた日
の木陰の紫外線量は図のようになります。


曇りの日と晴れた日の木陰と同じです。
晴れた日の木陰は地面からの照り返しに紫外線があるからです。
照り返しの紫外線にも注意が必要です。
このような天候でも紫外線の量は多いので紫外線予防は大切
です。
お出かけのときは
全国の紫外線情報(肌へダメージが生じる時間ごとの紫外線情報)
を役立ててください。

しわ対策では室内の紫外線も要注意です。
紫外線は窓ガラスを通して室内にも入りますので注意が必要
です。窓ガラスに貼る紫外線カットフィルムなども出でいますので
上手に利用しましょう。

sponsored link

関連ページ

紫外線防止剤の効果的な選び方 (SPFとPAって何?)
しわ対策には紫外線を予防することがとても重要です。しわをこれ以上増やさない、予防するには紫外線防止剤の使用が不可欠です。
しわの元を作る紫外線の種類
紫外線は波長によって波長の長い順にA派・B派・C派などがありますがC派は波長が短くオゾン層で吸収されて地表にはほとんど届きません。
日焼け止めの効果的な使用法
すでに日焼け止めで予防している方が多いと思いますが、肌に紫外線が入ってくるのをきっちりと予防できているのでしょうか?
紫外線防止剤の成分 (皮膚の弱い方はここに注意)
しわの防止のしわ対策には紫外線防止剤はとても重要です。
紫外線量はいつが多いのか?
紫外線によるダメージが長く蓄積されてしわができます。 そこで紫外線が何月ごろから多くなるのか? 1日のうちでも何時ごろが多いのかが、しわ対策として気になるところです
衣類で紫外線を防ぐポイント
しわ対策として紫外線から肌を守るのにもっとも手軽なものは衣類を身につけることです。
PA++++を新設
肌のしわやしみの原因になる紫外線A波(UVA)の日焼け止め 効果の表示は最高がPA+++でしたが。
目 紫外線 驚きの関係
目から強い紫外線が入ってくると驚きの関係があったのです。