日本女性の美肌熱がアジアを動かす

何才になっても美肌をあきらめない」でも書いたように一昨年の
化粧品の新商品は8300点も出ました。また化粧品製造・販売の
新興メーカーも多くなってきています。

 

そこで化粧品の大手メーカーが侵食されているようです。
資生堂では、知識が豊富な消費者に向け、新たな切り口での化粧品を
提案しています。

皮膚の角質層は核がなく最後には垢となって落ちる部分としてとらえていたものを、角質層に焦点を当てて角質層を育てるという考えの元、角層を活性化する化粧品を研究しています。

100ブランドあった商品を1/3に減らしたり、また核となる6ブラントに
しぼって力を入れています。化粧品は数ばかり増やして分散させてもダメなので6ブラントを強化してその選択と集中に力を注ぐようです。

 中国女性美人化計画

日本の女性の美肌熱がアジアに広がろうとしています。
日本女性の美肌熱は中国女性にも、とても大きな影響を与えていてアジア全体の美肌の牽引役にもなっています。

日本の大手化粧品メーカーは中国にも出店しています。
中国女性はスキンケアーからお化粧の仕方まで教えてもらい
中国では女性を美しくする国家プロジェクトもできています。
中国美人化計画が進んでいて日本の大手化粧品メーカーは30
%のシェアーをとっているようです。

世界の化粧品メーカーも日本女性の美肌熱にはとても高い関心
を持っています。
日本女性のアンチエイジングスキンケアーは有望な市場と見ています。
日本に向けたアンチエイジングスキンケアー商品を開発すべく、効果のある原料となる野生植物などを探しまわっています。

効果のあるアンチエイジングスキンケアー商品がどんどんでできてほしいですね。


 

 

sponsored link

関連ページ

2015クリスマスビッグセール(ビーグレン)
シワが目立ち気になりなり始める40才代からのしわの悩みに お応えするサイトです。しわの原因を知り、シワの解消・改善・予防 のためのしわ対策をしましょう。
2015ビッグサマーセール開催中(b.glen)
b,glenの半期に一度のビッグサマーセールです
30才代からの若返り手術を大公開
30代からの若返り手術を大公開 (しみ・しわ・たるみを劇的改善する最新技術)
しわ、たるみをとるシャンプー
しわ、たるみをとるシャンプーが話題となっています。 そのシャンプーがすごく売れているらしいのです。
しわ退治にリフティングフェイスヨーガ
「アンチエイジング・若返る方法を教えます」 というタイトルでTVである方が紹介されました。
シミ・しわ・たるみを自分で治す本
著者は美容整形で有名な高須クリニックの先生と奥様のお二人です
老けて見られショック
資生堂が解析したところ、老けて見られる原因は、正面から見られた顔よりも、横顔と斜め顔にあることがわかりました
老け顔撃退メーク
「老けて見られてショック」の研究を元に資生堂は老け顔をカバーするメーク方法と化粧品を開発しました
世界最高齢の美容整形 (若返り)
2007年の5月ごろだったと思いますが、TVで 世界最高齢の美容整形 (若返り)という番組を見ました
ストレスの影響でシミ、シワが増える--その抑制には
ストレスを受けやすい人は、シミ、シワが多いことが明らかになりました
より美しく 長寿時代
米国の南東部にあるヒルトンヘッド島は裕福層が老後をくらす温暖な土地です。そこにエステサロンのスパに医療を込み合わせた「医療スパ」が広がっています
何才になっても美肌をあきらめない
何才になっても美肌をあきらめないという方が増えています
マウスの肌若返りに成功
米スタンフォード大学などの研究チームが、体のいろいろな組織を老化させる 司令官の役割をもったタンパク質を発見しました。
シワの仕組み解明に有効
筑波大学とカネボウ化粧品の共同研究で、人の皮膚を傷つけること なくコラーゲンを画像化することに成功しました。
しわ取り自己注射 ダメ
インターネットて゜購入したしわ取りのヒアルロン酸を、自分の顔などに自己注射する行為が広がっています
メスを使わないPRP療法とは
自分の血液を使ってシワを治療するPRP療法が最近話題となってきました。
一生ものの美肌をつくる 正しいエイジング事典 発売
「40代からの肌あれ・シミ・しわ対策」の本の著者

である吉木伸子氏が本を出しました
エイジングスピードの違い
若く見える人と年とって見える人の違いは何か違うのか
しわの再生医療
しわの再生医療は、細胞源として歯肉由来の繊維芽細胞を使用しています。
ためしてガッテン しわ
しわの原因は紫外線にあるということを知らない人がけっこう多いようでした
歯科医が「顔のしわ取り」急増
しわの治療と言ったら、美容成形医が一般ですね。 誰もがそう思っていましたが、このところ、歯科医が 顔のしわとりをするのが急増しているそうです。
「しわ取らないで」写真加工にNO!
“私の真の姿を見て”女性スターの訴えにファン共鳴