ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するムコ多糖類で保湿
保水力が極めて高い物質です。

 

 ヒアルロン酸とお肌


ヒアルロン酸は表皮と真皮の両方にありゼリー状の形をしています。
水と強い結合力があり、水をたくさんかかえ込む特性があります。
ヒアルロン酸1gで6リットルの水分を保持します。
ですからヒアルロン酸が充分にある肌は潤いがあり、柔軟性
もあります。

しかし40才後半からヒアルロン酸の生成量がぐっとへり、60才
では若い時の50%位までに落ち込んでしまいます。
そこでヒアルロン酸を補うことにより乾燥した肌に水分を保つこと
ができます。

ヒアルロン酸の原料としてはニワトリのトサカから抽出する方法
と微生物から生成する方法とがあります。

ヒアルロン酸入りスキンケアーを使用する場合は肌への浸透性
を良くするために低分子ヒアルロン酸が使われているものがでて
います。

一方体の中から補うには食品から摂ります。
ヒアルロン酸は動物性の成分で目や関節の部位にあるので
普通の食事ではごくわずかしかとれません。
ヒアルロン酸を含んだ栄養補助食品などが「食べるヒアルロン酸」
として出でいます。

1日120mgの摂取を続けると肌の水分が高まり、シワの数
が減少する効果が確認されている報告があります。

sponsored link

関連ページ

保湿力の強い成分(セラミド)
角質細胞間脂質で水分をサンドイッチ状に包み水分が蒸発し しないようにしているものには次の成分があります。
コラーゲン
コラーゲンはタンパク質の一種で細胞どおしを結びつける働きをしています。
エラスチン
エラスチンはコラーゲンと同様に真皮を構成する繊維状の タンパク質です。
天然保湿因子(NMF)とその他の保湿成分
肌の表面の角質層にもともとある保湿成分で主にアミノ酸や 尿素などの成分があります。