コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で細胞どおしを結びつける働き
をしています。

肌においてはコラーゲンは真皮に存在し、細胞の外で格子状の
構造になっています。それは肌に強さと弾力性を持たせています。
また真皮の70%はコラーゲンでできています。
真皮ではコラーゲンの生成と分解が繰り返されていますが、年を
重ねるにつれてバランスが崩れて量が減ってきます。
肌組織の土台の部分が崩れてハリや弾力がなくなってくるとしわ
やたるみがでできます。

コラーゲンを補うことでハリや弾力をとり戻すことが期待できます。

コラーゲン入りスキンケアーは、肌に塗った場合、真皮までは
届かないので、保湿作用としての働きになります。

コラーゲンの原料は以前は牛の皮から作られていましたが、
狂牛病のため制限されたので現在は魚からとったコラーゲンなど
が使われています。

コラーゲンを含む食品としては、ふかひれや鶏肉などがあります。
豚などの軟骨や魚のにこごりやゼリーなどに使われるゼラチンも
コラーゲンを含んでいます。
コラーゲンの合成にはビタミンCが必要ですのでレモンやビタミン
Cの多い食品も一緒にとると効果的です。

コラーゲン入りの健康食品として体内に取り込みやすくした
低分子化したコラーゲン配合の商品なども出でいます。

 



 

sponsored link

関連ページ

保湿力の強い成分(セラミド)
角質細胞間脂質で水分をサンドイッチ状に包み水分が蒸発し しないようにしているものには次の成分があります。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するムコ多糖類で保湿 保水力が極めて高い物質です。
エラスチン
エラスチンはコラーゲンと同様に真皮を構成する繊維状の タンパク質です。
天然保湿因子(NMF)とその他の保湿成分
肌の表面の角質層にもともとある保湿成分で主にアミノ酸や 尿素などの成分があります。