エラスチン

エラスチンはコラーゲンと同様に真皮を構成する繊維状の
タンパク質です。

エラスチンはコラーゲンを束ねて、伸び縮する弾力性を持って
います。

エラスチンは肌の弾力を支えると同時に保湿作用があります。
真皮の部分にある成分ですが、水分保持能力が強いてので
スキンケアー商品に配合されている場合は保湿成分として
の働きを期待されています。
エラスチンもコラーゲンと同様に加齢とともに減少していくと
しわやたるみなどが出やすくなります。
エラスチンを補うことで肌老化の改善が期待できます。

健康食品としてコラーゲンやヒアルロン酸あるいはビタミンなど
との混合でエラスチンが配合されているものがあります。


 

sponsored link

関連ページ

保湿力の強い成分(セラミド)
角質細胞間脂質で水分をサンドイッチ状に包み水分が蒸発し しないようにしているものには次の成分があります。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するムコ多糖類で保湿 保水力が極めて高い物質です。
コラーゲン
コラーゲンはタンパク質の一種で細胞どおしを結びつける働きをしています。
天然保湿因子(NMF)とその他の保湿成分
肌の表面の角質層にもともとある保湿成分で主にアミノ酸や 尿素などの成分があります。