保湿力の強い成分(セラミド)

角質細胞間脂質で水分をサンドイッチ状に包み水分が蒸発し
しないようにしているものには次の成分があります。

 セラミド

水分を保持する力が強く、角質細胞間脂質の中心的物質です。
湿度が下がっても水分保持を維持する力が最も強いです。
肌の真皮を構成するコラーゲンやエラスチンを安定させてしわ
やたるみを防ぎます。またメラニン色素を抑制する働きもあります。

お肌の乾燥が気になる方はセラミド入り美容液をつけると時間
がたってもエアコンにあたっても肌が乾燥することはないそうです。
セラミド入り美容液は成分が十分に入ったものを使いましょう。
セラミド入りと書いてあっても肌の乾燥が改善されないようなら
十分量の配合のものに買い換えましょう。

 スフィンゴ脂質

セラミド以外の角質細胞間脂質です。

 レシチン

大豆から作られる。保湿効果があり肌への密着性があり
肌にうるおいを与える。
セラミドより安価なために化粧品に配合されることが多い。








 

sponsored link

関連ページ

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するムコ多糖類で保湿 保水力が極めて高い物質です。
コラーゲン
コラーゲンはタンパク質の一種で細胞どおしを結びつける働きをしています。
エラスチン
エラスチンはコラーゲンと同様に真皮を構成する繊維状の タンパク質です。
天然保湿因子(NMF)とその他の保湿成分
肌の表面の角質層にもともとある保湿成分で主にアミノ酸や 尿素などの成分があります。