しわの予防や改善に用いられる成分(2)

活性酸素から肌を守る抗酸化剤として、しわ予防や改善に用いられ
ている主な成分は表のとおりです。
ウルソール酸

ローズマリーをアルコール抽出した成分です。
紫外線により崩壊したコラーゲン繊維束を改善。
シワ面積比率が減少し、シワを改善します。

植物イソフラボン植物に含まれるポリフェノール成分の一つ
のグループです。イソフラボンは女性ホル
モン様作用により肌をみずみずしくさせ、
またコラーゲンを増やす働きがあります。
レスベラトロールブドウ皮や種子に含まれるポリフェノール
で強い抗酸化作用があり、活性酸素の害
を防ぎます。
また細胞の老化を防ぐ酵素を活性化し、
シワを改善します。
レスベラトロール

 APPSは従来のビタミンC誘導体よりも
浸透力が100倍ある次世代型のビタミン
Cです。コラーゲンの合成時にビタミンCは
必要です。肌の奥まで浸透するのでコラー
ゲンを補給して肌のハリや弾力が生まれます。

 

 αリポ酸 αリポ酸は、全身全ての細胞に存在する
物質で、全身の細胞を活性化させる働き
があります。
肌ではコラーゲン合成を促進します。


外国の論文で発表されているしわに効果のあった成分として
朝鮮人参とサラシナしょう麻があります。

朝鮮人参は
コラーゲンの産生にかかわる遺伝子を介してコラーゲン合成を促進します。しわを減らしました。

サラシナしょう麻は
ヒト試験でしわ改善効果がありました。しわスコアーを12%改善したとの報告がありました。サラシナしょう麻はキンポウゲ科の植物で抗炎症
作用があります。

ナイアシンのクリームを塗ってしわが改善したという報告もあります。

後、しわの予防や改善に用いられる成分として植物抽出物(ハーブなど)も用いられています。

しわの予防や改善に用いられている成分(1)(2)を化粧品に配合する目的は以下の通りです。
1.有害物質から肌を守る
2.皮膚に栄養を与える
3.古くなった角質の皮膚の表皮を取り除く
などです。

しわ対策でスキンケアー商品を選ぶ時にはしわ予防、改善の成分の
入っているものを選びましょう。それらを働きなどを納得して使えばさらに効果的です。


しわ対策に使われている成分の代表的なものだいだいわかったよ。スキンケアー商品を選ぶ時、これらの成分が入っているもの見ると化粧品会社がどんなコンセプトでしわ対策商品を出してきているかわかるよね。もちろんコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分肌再生成分もしわ改善にとても大事だよね。
自分で納得したスキンケアー商品を選んだら頭で納得して脳にも影響をあたえられるよね。、毎日お手入れするときに肌によい成分を送り込んでいるんだと思ってすればただ漫然につけているのとは全然違うと思うよ。

  
■ しわの予防、改善に用いられる成分(1) 

■ しわの予防、改善に用いられる成分(2) 

■ しわの予防、改善に用いられる成分(3) 

 しわ撃退のための[ しわ対策・改善メニュー ]はこちらへ

 

sponsored link

関連ページ

しわの予防や改善に用いられる成分(1)
しわの予防や改善に用いられている化粧品の成分は以下のものがあります。
しわの予防や改善に用いられている成分(3)
しわの予防や改善に用いられている成分(3)は以下の通りです。