しわのない肌

しわのない肌のしくみですが、肌は大きく分けて表面から、表皮・真皮・皮下組織の3つからできています。

左の図のように3つの構造です。
しわで問題となるところは表皮・真皮です。 

右の図は表皮と真皮のしくみです。

表皮は以下の4層からなっている。 
表皮                    働き
角質層


肌の一番外側にあり 角質は古くなるとはがれ落ち基底層から
作られた新しい細胞と入れ替わる。角質の細胞間にはセラミド
などの保湿成分があり肌のうるおいを保っている。

顆粒層
角質に変化していく細胞の集まりで紫外線を跳ね返し肌に
入りにくくする働きがある。

有棘層
 
外から入っている細菌・アレルゲンなどを捕まえて排出する。
基底層


新しい細胞を生産する場所である。新しい細胞は
細胞分裂を
繰り返しながら、2週間かけて角質層に押しあがる。基底層
には紫外線から皮膚と体を守るためメラニンという色素を作る
メラノサイトがある。

お肌のしわに関係しているのは主に角質層と真皮になります。

表皮と角質層は肌の一番上なので混同しそうになります。
表皮は肌の構造の3つの部分の一番上にありますが
角質層は表皮の一番上にあります。

真皮は
図のようにタンパク質でできたコラーゲンが格子状になっています。
それを結ぶ繊維性の物質のエラスチンがあります。(横の線)
格子状の間にははコラーゲンを生み出す繊維芽細胞があります。
それらが肌の弾力やはりを保っています。


表皮の厚さは約0.2mmで真皮の厚さは2〜3mm位らしい。その0.2mmの表皮が4層になっているんだよ。しわができるのはこんなmm単位のところの話なんだね。人間の一番大きな臓器は皮膚だって。皮膚は1枚でつながって外界と区別されてる大事な臓器だけど、大きさはたたみ8枚分になるんだって。表皮も部分によって厚さは違うんだけど、手の平や足の裏は厚いよ。顔の部分では目の周りや、目の下なんかは特に薄くデリケートなんだよ。肌の薄い部分では収縮が繰り返されるとしわができやすいんだって。

40才過ぎると目尻などにしわが一様にできてくるけど、これは長く生きてきたって言う証拠かもね。まばたきは1日に2万回って言われているよ。薄い皮膚をそれだけ収縮させてきた期間が長いもんね。いやいやこんなことで
納得するわけにはいかないよ。  しわをなくして若々しい肌を保とう!!

 

 

sponsored link

関連ページ

しわのある肌
しわのある肌は外側から見ると肌の中に溝ができ、線ができてますが、肌の中側ではこんな風になっています。