卵白パック

健康雑誌の壮快にのっている卵白パックについての情報です。

■患者さんに大好評、古い角質をはがし、肌本来の保湿力をUPする卵白パック

■ちょん・ちょんと塗るだけで、たるみ・くすみ・毛穴に劇的効果を現す卵 白パック

■母娘二代シミ・シワ・白髪が皆無若さの秘密は卵白パック

■ハリが違う、70歳でシワ・シミがなく素顔でいられるのは卵パックのおかげ

 ■キューッと肌が引き締まる。卵白パックでシワ・たるみが消えすべすべに一変

卵白には、アスパラギン酸とグルタミン酸のアミノ酸が多く含まれています。これを水に溶かすと酸性を示します。
卵白には塩化リゾチームという酵素が含まれています。
これは抗菌作用や抗炎症作用があり、皮膚の潰瘍などの治療薬にも含まれている成分です。
卵白パックをすると酸性アミノ酸や、塩化リゾチームの作用でマイルドなビーリンク効果が得られますので細胞の新陳代謝につながります。
また 収れん作用などもあるので、シワが浅くなったり、たるみが引き上げられる作用が期待できます。
また保湿もアップするので乾燥やかさつきも軽くなります。

 卵白パックのやり方

卵白1個分を、角がピンとなるまで泡立てます。
天然はちみつをお好みで少量加えます。
こうすると保湿力が増し、泡がつぶれにくくなります。
これを肌に塗り、10分おきますと乾いてパリパリになってきます。
それから水で洗い流します。

もっと簡単な方法
料理の時に割った卵の殻の中を見てください。
殻の中に残った白身を集めて、目の周りや眉間・ほうれい線など
にちょんちょんと塗ります。
10分ほど置き、かわいできたら水かぬるま湯で洗い流します。
その後、通常通りの化粧水や美容液などで保湿します。

注意
卵アレルギーの方やお肌の敏感な方にはお勧めできません。
卵白パックをする場合は肌の柔らかい二の腕の内側などに塗って
発赤やかゆみなどが起きないかお試しになってから行ってください。

sponsored link

関連ページ

しわ対策にナノシート
目尻のしわ、目の下のクマ、首のシワなどの気になる部分に貼るシートがあります。