汚れを落としても保湿成分を落とさない洗顔方法

洗顔は洗顔料を手にとり、手でこすって泡を出し顔につけて上下に
こすっていませんか?いわゆる縦洗いしていませんか?

こうすると手を下におろす時に力が入り、顔がたれてきてしまいます。
またこめかみなどの洗い残し部分ができます。
すすぎはお湯で何回もしていませんか?

これらの洗顔の仕方は肌に刺激をあたえて、肌本来の保湿成分も落とし乾燥肌になりやすくなってしまいます。
間違った洗顔方法を気付かずに続けていると、洗い過ぎが肌老化を進行させてしまいます。
では正しい洗顔の仕方を見てみましょう。

 洗顔は泡でやさし



1.手をきれいに洗った後、ぬるま湯で顔をぬらしておく。
2.スポンジかネットで洗顔料をよく泡立てる。泡が多いほどほい。
3.Tゾーンに泡をのせ泡を転がす感じで洗う。
4.Uゾーンに泡をのせ泡を転がす感じて洗う
5.、鼻・口元も力を抜いて泡でやさしく洗い、最後に目元は泡を指
で押す感じで汚れをとる。

泡をたくさん立てると汚れが吸着されるので軽く洗えます。
卵を割らないくらいの力で泡を包み込むように洗いましょう。
顔は丸いので中心から外側に向かって洗いましょう。

 ぬるま湯か水で完全にすすぐ

熱めのお湯ですすぐと必要以上に皮脂がとれて乾燥肌になってしまいます。
30度以下のぬるま湯か水ですすぎましょう。
冬は38度から40度でもぬるま湯と感じますので気をつけましょう。

すすぎも顔の中心から外へまあるくやさしく洗います。
生え際やこめかみめ耳の後ろなどもすすぎ残しがないように洗います。

仕上げは吸水性の良いタオルで軽く押さえて水を吸い取ります。


すすぎを20回ぐらいするって本に書いてあるの見たとき、「えぇぇぇーーーそんなにするのーーー」と思ったけど、すすぎを数えてみたら案外とそれくらいはいっちゃうよ。でもまあるくやさしくしてまーーーーす。

sponsored link

関連ページ

あなたの肌は何タイプ?
あなたの肌は何タイプと聞かれても、はっきりと答えられる方は少ないのではないでしょうか?
クレンジングは何を使いますか?
メイクアップ化粧品は油性なので、油性のクレンジングを使って油を浮かせて落とします。
化粧水を効かせるなじませ方
洗顔で肌を清潔にした後は、すぐに化粧水をつけますが、化粧水は何のためにつけるか 知っていますか?
美容液は必需品
今までの化粧品は表皮に作用していたのですが、美容液は真皮まで 肌の栄養成分を届けることができるという点です。
40代は真皮のお手入れを始めよう
40才代になる表皮のお手入れだけでは不十分と言われています。
基礎化粧品の働きを知る
夜メイクを落としてから(クレンジング)洗顔しそのあとスキンケアーを しますが、なせ゛はじめに化粧水をつけるのでしょうか?
40才代の化粧品選び
40才代になったら、肌基礎力をアップさせるために、真皮や表情筋に働きかける化粧品選びをしましょう。