ケミカルピーリング(皮膚をはいで再生)

ピーリングとは古く厚くなった角質を取り除くことですが薬品(酸)を
使って行うのでケミカルピーリングと言われています。

肌は28日周期で生まれ変わっています。基底層で細胞が生まれ
だんだんと上に押し上げられて、角質層で垢となってはがれて
いきます。これをターンオーバーといいますが、加齢や乾燥など
でターンオーバが遅れてくると角質が厚くなり、肌のくすみや
小じわなどが現れてきます。
この古く厚くなった角質を薬品によってはぐことにより、新しい角質
を作ろうとして新陳代謝が活発になります。新しい皮膚細胞を
再生しようという修復力が働きます。
その結果 真皮のコラーゲンも増えてシワがめただなくなります。

ピーリングに使用される酸は水溶性と油溶性があります。
水溶性ではフルーツ酸・グリコール酸・乳酸などで作用は
穏やかです。
油溶性はサリチル酸が一般的です。

施術中はピリピリ感を感じることがありますが、酸が効いている
ためです。薬品に対する反応は個人差がありますので、使う
薬品の種類や塗布時間や濃度などは肌の状態に合わせて医師
が対応してくれます。

ピーリングした後は皮膚はデリケートで皮膚のバリアー機能
や保湿機能が失われているので、紫外線予防や保湿がとても
大事です。

*****************************************************

高須クリニックの先生が書いた本は大ショックでした


sponsored link