トレチノイン治療

トレチノインはしわ治療では代表的な外用薬です。
トレチノインはレチノイン酸のことでビタミンA誘導体です。

 

肌にビタミンAは良いことは昔から知られていますが、トレチノイン
はビタミンAの生理活性の50〜100倍もあると言われています。

トレチノインの働き 


■ 角質をはがして表皮の細胞分裂を促しターンオーバー
を促進します。
■ 真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を高めて肌のハリを
生じ小じわを改善します。
■ 表皮のヒアルロン酸の分泌を高めるので水分が潤います。
■ 皮脂線の働きを抑えて皮脂の分泌をおさえます。

(トレチノインはシワだけでなくニキビの改善の為にも使用
されます。皮脂の分泌を抑える作用はニキビには効果的
です。
     しかし小じわなどでは主な原因は乾燥なので、皮脂分泌
     抑制はマイナスの作用となります。
   トレチノインを塗ると乾燥が気になる場合がありますが、
これはその作用からくるものです。
保湿を充分に行うことが大事になります。

トレチノインは小じわなどの改善に効果があります。
しかし効果が高い分、刺激もあるので人によっては肌が赤く
なったり、ヒリヒリしたり、むけたりする副作用が出る場合があります。

医師の指導・管理の元に肌の様子を見ながら治療します。
トレチノインは医師の自家製剤なので市販はされていません。

************************************************

高須クリニックの先生が書いた本は大ショックでした


sponsored link