美容医療の認識が変わってきている

アメリカで生まれたアンチエイジングという考え方で美容医療の
認識が変わってきたの皆さんも感じていることと思います。

 アンチエイジングとは
加齢に伴う症状の変化を年だからと諦めるのではなく、老化を
遅らせて、進行をくい止め、その方にとっての最良の状態を保つ
ことを目標としています。
美容医療とは肌の老化や体形の崩れを解消するためにする治療
です。アンチエイジングでこれからの未来も積極的に生きていこうと
する方たちに今、美容成形が注目されています。

さらに美容医療の技術の進歩とリスクが少なくなったことで、急
に世の中に浸透してきました。
40才から60才代ではシミ・しわ・たるみなど肌老化が現れて
きますので、それ医療で治療しようという考えも抵抗が少なく
なってきました。
またマスコミなどでもそれらが紹介されることが多くなったことで
美容医療が身近なものになってきました。

60才代になると自然の摂理で顔が老人顔になってくるのは
仕方がないことです。しかし女性の平均寿命が86才である
現代は後の30年弱もなるべく若々しく、はつらつと生きてきい
たい方が増えているので、今後ますます美容医療が身近な
ものになっていくと思います。

将来の10年後は、治療には抵抗感がなくなって「ちょっと、しわを
とってきます」といとも簡単に病院に行く人が増えているかも
しれません。 美容医療は病気ではないので医療保険はききま
せんが、治療の希望者が増えれば、料金も少しは低くなるかも
しれませんね。

美容成形が今後、身近なものになっていくにつれて、私が
思うのは、治療によって外見が若々しくなることはいいこと
ですが、体の中身は年相応に老化しているということです。

外見が若々しくなると、自分も若い時に戻ったような、また
他人もあの人は若いからと錯覚してしまいますが、無理を
しないで年齢にあった自然体の生活を心がけるようにしたい
ものです。

高須クリニックの先生が書いた本は大ショックでした


sponsored link

関連ページ

美容成形を受ける前の準備
美容医療には、美容外科・美容整形科・美容成形外科・美容皮膚科 などがあります。
安心できる医師の条件
美容成形治療はデリケートな治療なので、医師は手術は成功 したと思っても、患者さんはこんなはずではなかったと後悔することがないとは限りません。