食生活の見直し(2)

あなたは昼食のときなどに炭水化物中心の食生活になっていませんか
? 食事のバランスは大事だとはわかっていても、おかずがなくて炭水化物でさっとすませてはいませんか?

炭水化物は主食なのでエネルギー源としてはとても大事です。満腹感も得られます。しかし肌に必要な栄養素はほとんどありません。
肌にはタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質などが必要です。

肌に良いからとコラーゲンやヒアルロン酸などを健康食品やサプリメントなどからとりいれても、体の栄養分が不足しているとそれを補うため
に先にそちらで使われてしまい、肌にまで回りにくくなってしまいます。

炭水化物の摂りすぎは肥満にもなるので気をつけましょう。
また甘いものの摂りすぎはコラーゲンを劣化させます。
やはりいろいろな食品から少しずついろいろな栄養素をとることが大事です。

 美肌づくりには和食がいい

和食に健康食として外国でブームとなっています。また健康食品などでは日本古来の伝統食品が見直されています。

日本人の肌は外国の方に比べて真皮が厚く保たれやすいのでしわになりにくいと言われています。また真皮が厚いので紫外線からの肌を守る力が強いとされています。

外国人と同じ実年齢の人を比べた場合日本人の方が肌年齢が若いそうです。外国の方は表皮が厚く真皮が薄い傾向にあるので、早くから
しわ、シミねたるみなどが出やすくなってしまいます。その関係かどうかわかりませんが美容治療も発展したのではないかと思います。

アジアンビューテイーと言われるように、気候風土もありますが、バランスの良い和食が美肌づくりに最適となっているようです。

血液をサラサラにする魚や、イソフラボン様作用のある大豆製品や、抗酸化力のある野菜、あるいはβカロチンの含む緑黄色野菜のお浸しなど和食は美肌作りにはとても適している食事です。

肌老化を遅らせて、しわ予防、改善には和食中心の食生活で肌を中からケアーしましょう。しわ対策には和食がいいです。


和食中心の食生活が美肌づくりにもいいってことはわかったけど、生活習慣病の予防、改善にもいいから一石二鳥だね。
これはすぐにでも取り入れなくちゃあ!!

sponsored link

関連ページ

ストレスはしわを深く刻む
現代社会においてストレスの要因はたくさんありますが
ストレスは肌にも影響が現れます。
日常のこんな行動に注意
ストレスはしわには良くないことは容易に想像できますが、逆に緊張感のない生活でもシワやたるみの発生に関係します。
たばこは肌老化を促進させる
たばこは美容の敵であると言われますがそれは肌老化を促進 させるからなのです。
抗酸化作用で肌老化をくいとめよう
活性酸素は普通の大気中にある酸素よりも、化学反応をおこし やすい酸素です。活性酸素は紫外線・ストレス・たばこ・過激な 運動・大気汚染などで発生します。
女性ホルモン様作用食品で肌老化をくい止めよう
女性ホルモンは黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモン のエストロゲンの2種類があります。
肌のターンオーバーは夜活発になる
表皮の新陳代謝をターンオーバーといいますが、年を重ねるとその周期が長くなり1か月半ぐらいにもなります。
食生活を見直す(1)
肌老化をすすめないためには、バランスよい食事をすることが大切です。