食生活を見直す(1)

肌老化をすすめないためには、バランスよい食事をすることが大切です。肌には生野菜がよいと多く食べている人もいると思いますが

 

美肌にはむしろ緑黄色野菜を多くとった方がよいと言われています。
生野菜を外食で摂る場合は、レタスやキュウリが主で珍しいハーブなど
が入っています。カサも多く一見たくさん摂った気分になりますが、ドレッシングなどの余分のカロリーをとってしまう分、生野菜の栄養価はあまりとれていません。生野菜は体を冷やしますので、冬などに生野菜ばかり食べていると尚、体が冷えてしまいます。すると血液循環が悪くなり肌に必要な栄養素を届けけにくくなってしまいます。

緑黄色野菜が肌に良いと言われるのは、栄養素にβカロチンや抗酸化
力が強いもの含まれ、肌老化を防いでくれるからなのです。
しわ対策にも積極的にとり入れましょう。
ビタミンCやその他ミネラル、食物繊維なども含まれているので便通も
よくなり、肌あれなどにも良いです。
生野菜に比べて緑黄色野菜は調理の手間がかかりますが、美肌と健康のためには少しは努力が必要です。

βカロチンが多くある食品
ニンジン・ほうれん草・ニラ・カボチャ・しそなど

緑黄食野菜をもっと取り入れて肌老化を防ぎましょう。




緑黄色野菜が大事ってことは言われなくてもよくわかっているよ。
だけどねーーー。やっぱり生野菜がてっとりばやいから生野菜食べて野菜食べてるって気になっている。今度から緑黄色野菜も食べるように気をつけるよ。本当は手をかけて調理した方がいいんだけど、調理に時間が取れない人には野菜ジュースやレンジにチンする冷凍の緑黄色野菜があるけど、冷凍緑黄色野菜の方がビタミン損失は少ないらしいよ。

sponsored link

関連ページ

ストレスはしわを深く刻む
現代社会においてストレスの要因はたくさんありますが
ストレスは肌にも影響が現れます。
日常のこんな行動に注意
ストレスはしわには良くないことは容易に想像できますが、逆に緊張感のない生活でもシワやたるみの発生に関係します。
たばこは肌老化を促進させる
たばこは美容の敵であると言われますがそれは肌老化を促進 させるからなのです。
抗酸化作用で肌老化をくいとめよう
活性酸素は普通の大気中にある酸素よりも、化学反応をおこし やすい酸素です。活性酸素は紫外線・ストレス・たばこ・過激な 運動・大気汚染などで発生します。
女性ホルモン様作用食品で肌老化をくい止めよう
女性ホルモンは黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモン のエストロゲンの2種類があります。
肌のターンオーバーは夜活発になる
表皮の新陳代謝をターンオーバーといいますが、年を重ねるとその周期が長くなり1か月半ぐらいにもなります。
食生活の見直し(2)
あなたは昼食のときなどに炭水化物中心の食生活になっていませんか ?