女性ホルモン様作用食品で肌老化をくい止めよう

女性ホルモンは黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモン
のエストロゲンの2種類があります。

女性ホルモンは、生理的な女性らしさの体形を作ったり、
生理・妊娠などと女性の健康に欠かせないホルモンです。
肌との関係では、エストロゲンが肌の若さを保つのに重要な
鍵を握っています。

卵胞ホルモンであるエストロゲンは卵巣機能が衰えて閉経を
迎える50才前後に急激に減ります。

 エストロゲンの肌への作用


エストロゲンは肌の水分量を整え肌にみずみずしさを与えます。
肌のハリを与えてくれるコラーゲンを増やす働きがあります。

エストロゲン分泌の減少は30才代後半より始まります。
エストロゲンが減ってくると肌の水分量・皮脂量も減り、しわなど
も生じやすくなります。しわ対策としては女性ホルモンの減少を
くい止めたいところです。

 エストロゲン様作用の食品で肌老化を防ぐ


体内のエストロゲンの分泌の減少を抑えたいところですが
自分ではどうにもなりません。食品でエストロゲンと似たような
作用があるものがあります。それは大豆イソフラボンです。
しわ対策として大豆を積極的にとりましょう。

大豆製品(大豆の煮豆・豆腐・納豆・味噌・油あげ・きなこ・枝豆)
などを普通の食事の中で意識して取り入れるようにしましょう。

大豆イソフラボンをサプリメントで摂る場合の注意

大豆イソフラボンを通常の食生活に上乗せして摂取する場合に
おける1日の摂取目安量の上限は、
大豆イソフラボンアグリコンとして30mgを超えないよう指導
されています。(厚生労働省より)
しわ対策だからと言って大豆イソフラボンを摂りすぎないように
注意しましょう。

sponsored link

関連ページ

ストレスはしわを深く刻む
現代社会においてストレスの要因はたくさんありますが
ストレスは肌にも影響が現れます。
日常のこんな行動に注意
ストレスはしわには良くないことは容易に想像できますが、逆に緊張感のない生活でもシワやたるみの発生に関係します。
たばこは肌老化を促進させる
たばこは美容の敵であると言われますがそれは肌老化を促進 させるからなのです。
抗酸化作用で肌老化をくいとめよう
活性酸素は普通の大気中にある酸素よりも、化学反応をおこし やすい酸素です。活性酸素は紫外線・ストレス・たばこ・過激な 運動・大気汚染などで発生します。
肌のターンオーバーは夜活発になる
表皮の新陳代謝をターンオーバーといいますが、年を重ねるとその周期が長くなり1か月半ぐらいにもなります。
食生活を見直す(1)
肌老化をすすめないためには、バランスよい食事をすることが大切です。
食生活の見直し(2)
あなたは昼食のときなどに炭水化物中心の食生活になっていませんか ?