たばこは肌老化を促進させる

たばこは美容の敵であると言われますがそれは肌老化を促進
させるからなのです。
しわとたばこはどのような関係があるか? 見てみましょう。

 

たばこを長年吸い続けていると実際の年齢よりも10〜20年も
皮膚の老化が早まると言われています。
なぜそうなるのでしょうか?

血流が悪くなり肌に充分な栄養が いかなくなる

たばこの煙の中のニコチンが肺に吸収されると、末梢神経に
作用して毛細血管が収縮します。血流が滞ると手足が冷たく
なります。女性は軽く吸うだけでも血流が悪くなるのが男性より
も敏感です。
血液は栄養物質を各組織に運びます。
血流が悪くなることで皮膚組織に栄養が行きにくくなります。
そうなると皮膚もかさかさし、肌にうるおいや張りもなくなって
きます。
皮膚の老化が進み、シミやそばかすができやすくなってきます。 
たばこを吸う女性は目尻や目の下のしわが多いです。
しわ対策ではたばこは厳禁です。

 たばこはビタミンCを破壊する

私たちが毎日の食生活の中で必要としているビタミンCの量
は100mgとされています。
ビタミンCはシミ・そばかすの色素沈着を防いだり、美白・美肌
には欠かせないビタミンです。

ところがたばこを吸うとビタミンCが消耗されてなくなってしまいます。
たばこを1本吸うと血中のビタミンCが25mg破壊されてしまいます。
たばこを4本吸うとビタミンCの1日の所要量を消耗してしまいます。

真皮においてコラーゲンが合成されるときにはビタミンCは不可欠
です。ビタミンCがないとコラーゲンはできません。
しわはコラーゲンが減って張りがなくなり溝となっている状態なので
ビタミンCを破壊するたばこはシワにはよくありません。

肌のためにビタミンCを含んだ野菜やレモンなどをとっていても
たばこをやめなければ肌老化が進み、シワが増えてしまいます。
しわ対策ではたばこはすぐにやめましょう。

sponsored link

関連ページ

ストレスはしわを深く刻む
現代社会においてストレスの要因はたくさんありますが
ストレスは肌にも影響が現れます。
日常のこんな行動に注意
ストレスはしわには良くないことは容易に想像できますが、逆に緊張感のない生活でもシワやたるみの発生に関係します。
抗酸化作用で肌老化をくいとめよう
活性酸素は普通の大気中にある酸素よりも、化学反応をおこし やすい酸素です。活性酸素は紫外線・ストレス・たばこ・過激な 運動・大気汚染などで発生します。
女性ホルモン様作用食品で肌老化をくい止めよう
女性ホルモンは黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモン のエストロゲンの2種類があります。
肌のターンオーバーは夜活発になる
表皮の新陳代謝をターンオーバーといいますが、年を重ねるとその周期が長くなり1か月半ぐらいにもなります。
食生活を見直す(1)
肌老化をすすめないためには、バランスよい食事をすることが大切です。
食生活の見直し(2)
あなたは昼食のときなどに炭水化物中心の食生活になっていませんか ?